発毛効果のある成分

髪を気にする男性

発毛させるのは、頭皮の発毛環境が整っていなければ毛髪は生えてきません。
頭皮を常に清潔にしておくのはもちろんのこと、乱れた生活習慣を改善し、ストレスをためないで健康な体を作らなければ頭皮も活性化されません。

発毛剤は毛母細胞の活性化をねらい直接頭皮に塗るもので、育毛剤、養毛剤は医薬部外品ですが、発毛剤は医薬品なのです。
成分にはミノキシジルが入っています。
厚生労働省が発毛効果があると認めているのはミノキシジルだけで、これを含むのはリアップだけです。
ミノキシジルは発毛力が強く、人によっては、低血圧、肌荒れ、性欲減退、発熱などの副作用が出る可能性があります。

AGA治療は、フィナステリドという成分のプロペシアという薬を使いますがAGAは男性型脱毛症のことなので、フィナステリドは女性には効果がありません。
プロペシアは、口から飲んで体内に取り入れ、頭皮を活性化させる薬です。
プロペシアにも副作用があり、肝機能障害、肥満、精力低下、不妊などがあげられます。

ミノキシジルやフィナステリド(プロペシア)は化学物質ですが、天然物質の発毛薬もあります。
それが、M-034です。
男性でも女性でも使用でき効果も高く、天然成分で副作用もないため使用する人が増えています。

ドラッグストアなどで市販されている、育毛シャンプーも効果が期待できるものがあります。
スカルプシャンプーにはセンブリエキス、ニンニクエキスが入っています。
バイタリズムにはアルガン幹細胞エキスが含まれており、ドクターポーテムにはプラセンタエキスが入っています。

他にも頭皮に塗るタイプの発毛促進剤は多数あります。
個人の体質もありますが、いくつか試してみて自分に合ったものを使うようにしたいものです。